アクセス、リピートは後だったり 思いもよらなかったり

こんにちは

昨日女の子に賄いをお渡ししたら

「幸ーー!」って言って頂けて

思い出し笑いをしてる店長です。
ゴメンナサイ僕のほっこりする話なんて

どうでもよかったですね。

毎回最高にヒットする写メ日記なんて書けない

 

プロ野球選手でも年間100回中30回しかヒットは打てない

 

写メ日記やTwitter等、発信する時何を書こう?

って悩みますよね。

 

誰かの役に立ちたいとか、

アクセスが!ランキングが!

とか、

真剣に考えれば考えるほど

「これ書いて嫌われないだろうか?」など

手が止まってしまったりしちゃうんですね。

 

毎回 誰かに刺さってヒットしまくる

みたいな記事が書ければ最高なんでしょうが

僕はそんなことは 現時点では出来ません。

 

 

年俸1億もらってるプロ野球選手でも

年間100回中30回しかヒットは打ててないんです

え、何でこれが良かったの?

 

風俗経験者さんはわかるかと思いますが

 

前回の印象ほとんどないお客様が

「なんでこの人リピートするんだろう」とか、

お客様に「2ヶ月前のあの写メ日記がよかった」

って言われた経験ありませんか?

 

 

その逆も然りですね。

僕もそうで、暇な時に

「割引メルマガ出したから来るだろう」

とか下心満載の時はお客様より全然反応なく、

僕のスケベ根性が見え見えだったんだと、

お前の都合では動かないっ!て痛感させられます。
 

逆に記事だったり、イベントだったり

面接のお問いわせだったり毎回考えてはいるんですが、
 

僕の想像を超えて、違う視点でものをみて

お客様が来て頂いたりするんですね。

 

アクセスも反応も、コントロールできない

 

帰ってきてもらう為のシステム作り、

写メ日記でいえば

ネタ探しや、アップする時間を考えたりは

絶対した方がいいですが
 

まず自分の本心で実感したこととか、

体感したことを

ほどほどにかっこつけて書いていくこと、

想いを込めて発信してみる

 

それが重要なんだと思います。

 

 

写メ日記もリピートも

反応も後からついてくるもの、

世の中の男子に任せるもの
 

今日も読んで戴いてありがとうございました。

女の子に読んでいただけるので書けます!

 

入店して頂いたら、とことん手伝います!

 

もちろん入店してくれた女性には

ネタ探しのコツ、ネタの提供

男子はこれ好きそう!

っていうアドバイスはいつでもさせて頂きます。

 

もちろん 賄いも毎日ではないですが

出させていただきます。

今日は シラスのパスタ!

タイトルとURLをコピーしました